『サッカー×海外×チャレンジ』第2回交流会


2012年12月26日(水)、第2回となる「サッカー×海外×チャレンジ」交流会を開催しました。

今回は前回より多くの仲間が参加してくれて、それぞれいろいろな視点からのサッカー観を受け取れたんではないかと思います。僕自身も多くのサッカー観やサッカーに対する思いを感じることができた1日でした。

人は100人いれば100通りの人がいるように100通りのサッカー観があると思います。
一緒に練習している仲間のエピソードを1つ紹介します。

自分は「プロに行きたい」と思っていたが、自分はへたくそだし、プロになりたいと言える環境が無かった。だから自分をあきらめサッカーから一度離れた。でも、それを今は後悔していると。

僕にもその選手の気持ちがよくわかりました。
この気持ちを持っている人は多くいるんではないでしょうか!?

ただ、今その選手は楽しそうにボールを追いかけています。
ミスしようが、ヘタだろうが、一生懸命サッカーを通して自分と向き合っています。
そして真剣に海外へのチャレンジを狙っています。
周りからの声など気にしている暇が無いほどサッカーに夢中です。

ホントに好きなサッカーでプロになりたいと声を大にして言える、指導者、仲間、に出会えたからでしょう。

皆さんのサッカーがうまい、下手、という価値観はどこから来ていますか!?
地域の?高校の?大学の?クラブの?。。。。
狭いフィールドで考えていませんか!?

今は視野を広げれば日本だけでなく海外という選択肢も出来ました。もちろん、日本でうまい、良い選手が必ずしも海外で結果を出せる選手というわけではありませんが、自分を知り、自分にあった国を選べばサッカー選手として人生を切り開くことは出来きます。

改めてサッカー好きなことを再確認した日であり、自分のことを知ることが大切だと感じた日でした。

 



海外×サッカー×チャレンジ交流会プロジェクト一覧