『技術を上げるために感覚を磨く』


yjimage-3

  football life

〜子供から大人までサッカーが大好きな人に向けて〜

 

 

 

ボール扱いを上手くするために感覚を磨くことが大事です。

感覚とは具体的に言うと「体の感覚」のことです。

 

体の感覚を敏感にすればそれだけボールは上手く扱えるようになります。

 

感覚を敏感にするためには体感覚に意識を向けることが大切になります。

しかし、なかなか体感覚に意識がいきません。

それは、視覚に頼り過ぎでいるためです。

 

ボールを蹴ったり止めたりするのを思い出してみてください。

ほとんどを目から入ってきた情報でボールコントロールしていませんか?

 

視覚へ行っていた意識を体感覚へ持って行くと体の感覚が磨かれ、サッカーの技術が向上します。

 

上手い選手が顔を上げてプレーできるのは、視覚だけでなく体感覚も使いボールを扱っているからです。

 

興味のある人は、視覚に頼る部分を減らして体感覚に意識を向けてみてください。

(全くボールを見ずにボールコントロールするのは難しいと思うので、まずは間接視野でボールを扱うこからスタートしてみてね〜)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★パーソナルトレーニング

自分の感覚と繋がり、短時間で技術が向上します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★心と体の健康を考えたロハスなサッカースクール・北杜サッカースクールスクール生募集

(山梨県北杜市で行っているサッカースクールです) 



コメントを残す