『恐れが体を不自由にする』


yjimage-3

Football life ~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

 

元プロサッカー選手の久保田勲です。

現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

『恐れが体を不自由にする』

 

ボールを扱うのは体

体は心と繋がっている

つまり、

心の状態がサッカーにはとても大切。

 

恐れを感じていると体が力む。

体がガチガチだとボールはうまく扱えない。

 

 

大事な試合の前、トライアウトの前、久々のスタメン。。。。

緊張する。緊張はある種の恐れ。

 

試合に負ける恐れ、トライアウトで落ちる恐れ、スタメンで試合に出るけど力を発揮できずにまたベンチなる恐れ。

 

そんな恐れがあるから体がこわばる。

 

恐れがると実力があっても試合で力を発揮できない。

 

 

そんな選手多いんじゃないかな。

 

僕がそうだったから 笑

 

じゃあ、どうすればいいかというと、次回お届け~

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。
技術を磨くパーソナルトレーニング

技術があるとサッカーはより一層楽しくなります

サッカーが楽しいと毎日が楽しい。

自分の描いたイメージをピッチで表現しよう。

http://isaokubota.net/personal-training



コメントを残す