『 気持ちと一緒にいること』


小川町ガスト

 

 

『 気持ちと一緒にいること』

 

 

昨日の朝ガストで朝食を食べ、会計の時に息子が「おもちゃ買って」とおねだりしてきました。

 

「今日は買わないよ」と伝えると

泣く、

叫ぶ、

の嵐。。。。

 

子供の欲しいものも欲しい!!

という全力のアピールは凄まじいです。

(周りにいた人ほんとうるさくてごめんなさい。。。。。。)

 

いつもなら息子に対して『我慢してなぁ〜』とか『そんなもん買わんよ!』と息子の気持ちをぶっちぎるのですが

 

今日は、大気の気持ちに寄り添うこと20分

ただ

泣き叫ぶ息子を前に「大喜は車が欲しいんだなぁ〜」とただ息子の気持ちに共感していると急に「おしっこ」といって驚くほどあっさり車に乗ってくれました。

(これにはびっくり!)

 

 

サッカーをやっていても同じなんですが、その感覚や感情と一緒にいることでなぜだかわからないけどうまくいくことがあります。

 

リフティングをするときに

足のインステップに当てよう!ではなく足のどこに当たっている?

と感覚に意識がいくよう問いかけてあげる。

すると自分自身で感覚をつかみリフティングができるようになる瞬間がくる。

 

子供の泣く、叫ぶ、喜ぶなど自由なあり方に振り回される日常ですが

子供の気持ちに寄り添える心の余裕を持っておきたいと感じた1日でした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・心と体の健康を考えたロハスサッカースクール・北杜サッカースクールスクール生募集

http://ameblo.jp/hokutosoccer

(山梨県北杜市で行っているサッカースクールです)

 

技術を磨くパーソナルトレーニング

技術があるとサッカーはより一層楽しくなります

サッカーが楽しいと毎日が楽しい。

自分の描いたイメージをピッチで表現しよう。

http://isaokubota.net/personal-training

・メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

 

 



コメントを残す