選手は『思考・行動・感情』どこのセンサーが切れているか?

IMG_7001

Football life

~サッカーと人間関係からわかる自分の秘密~ 

 

選手は『思考・行動・感情』どこで止まっているか?

 

僕が、サッカーを指導するようになった時のことです。

僕の言っていることが選手に全く伝わらなくて毎日、落ち込んでいました。

 

その時期に学んだことをシェアしたいと思います。

 

選手にコーチングをするときに、選手の思考と感情と行動どこのセンサーが繋がっていないかを観察して、そのセンサーがつながるようにアプローチしていくとスムーズにトレーニングが進みまました。

 

サッカーをする人は、

ボールを使って練習する、筋力トレーニングをする。

という行動ベースが得意です。

 

しかし、

何のために練習するのか?なぜ鍛えるのか?

そして

その結果自分がどう感じたのか?

という部分に対しておろそかです。

 

上手くなりたいから練習する、当たりが弱いから筋力トレーニングをする。

そのくらいだと思います。

 

例えば

ボールを止めて、蹴る。

と言うシンプルなトレーニングでこの思考と感情と行動という視点から見ると

 

行動とは

ボールを止めて蹴るというトレーニングをやるということ、それこそどれだけできるかと言う部分です。

 

思考とは

何のためにやるのか? と言う目的(例えば、ボールを思ったところに止める)

 

その目的を達成するためにどういうアプローチをするのか? という手段。(スッテプを踏んでボールを正面で捉えるようにする)

 

そしてどういう結果が出たのか? (ボールが思ったところに止まる回数が増えた)

ということを考えるということ。

 

考えることが苦手な選手はこの思考のセンサーがストップしてしまっています。

 

 

感情とは

考えて、行動してどう感じたのか?

やりやすかったのか?

やりづらかったのか?

焦ってしまうのか?

落ち着いてできたのか?

楽しいのか?

怖いのか?

 

自分がどう感じたのかを認識すること。

 

ボールコントロールやセンスが良いという人はこの感情(感覚)のセンサーが優れています。

 

 

選手が思考、感情、行動、どのセンサーが切れてしまっているのかを観察して、つながるようにアポローチしていくとトレーニングがスムーズに進みました。

 

 

 

 

サッカーを愛して

サッカーに傷ついて

それでもサッカーが大好です。

久保田勲のプロフィール 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

 

技術を磨くパーソナルトレーニング

技術があるとサッカーはより一層楽しくなります

サッカーが楽しいと毎日が楽しい。

自分の描いたイメージをピッチで表現しよう。

http://isaokubota.net/personal-training



コメントを残す