『走ることが、歩くことが一番大切なトレーニング』


IMG_0041

 

Football life ~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

 

元プロサッカー選手の久保田勲です。

現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

 

 

 

『走ることが、歩くことが一番大切なトレーニング』

 

いろんな年代の、いろんな選手を見るようになってからわかってきたこと。

それは、体を自由に扱うことがとても大切だということ。

 

昨日も、八ヶ岳にある中学生チームの練習を見る機会があって

 

いろんなところを使ってリフティングするトレーニング。

リフィングが出きる子、

リフティングが出来ない子、

そして、リフティングが出来ていても動きがギクシャクしている子、

リフティングが出来ていて動きが綺麗な子

 

この4タイプがいる。

 

 

上手くなる順番として

 

1リフティングが出来ていて動きが綺麗に見える子

2リフティングが出来ないけど動きが綺麗に見える子

3リフティングができてるけど動きがギクシャクしている子

4リフティングが出来なくで、動きもギクシャクしている子

 

 

 

初めはみんなボール扱いは下手くそ、上手くなろうとして練習する。

だけど、その時にボール扱いを上手くなろうとしてボールにばかり意識がいきがち

 

そんな時に、自分の体がどうなっているかに意識を持っていけると結果的にボールをうまく扱えるようになる。

まず、体を自由に動かせるようになること、それが大切。

ベース、基礎、家でいったら土台。

 

それがないのにボールコントロールを上手くやろうとか、いいボールを蹴ろうとか、ドリブルで相手を抜こうとかしても結構難しい。

 

だから本当に大切なトレーニングは、自分の体を自由に扱えるようになること。

その一歩が、

歩くこと、走ることに意識を向けることだと思うな

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

 

技術を磨くパーソナルトレーニング

技術があるとサッカーはより一層楽しくなります

サッカーが楽しいと毎日が楽しい。

自分の描いたイメージをピッチで表現しよう。

http://isaokubota.net/personal-training



コメントを残す