「話の聴けない子どもはサッカーをやろう!」


「話の聴けない子どもはサッカーをやろう!」

 

IMG_1884

 

 

子どもたちに話をしていると

 

話を聞いている子

他のこと考えている子

どっか別の方を見ている子

 

いろんな子どもがいます。

 

サッカーでは、パスを出す時に

出してと受けてのタイミングが合わないとパスが成立しません。
自分だけのタイミングで「ヘイ!」と呼んでも出し手が出せる状態でなければパスは出てきません。

 

逆に

受け手がボールを受けれる状態でなければパスを出してもパスは通りません。

 

相手のことを見て、観察する。

そんな能力が必要になります。

 

それは、コミュニケーションと同じ

 

 

思いついたことをペラペラと話したり、話を聞いてるふりして頭の中では全然別のことを考えていたり。

 

 

パスを受ける、パスを出す=話を聴く(相手を観察する)、伝わるように話す

 

サッカーを通して身につきます。

 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

28721949_1698581146867491_1626331866_n
★北杜サッカースクールスクール生募集しています!(山梨県北杜市で行っているサッカースクールです)
IMG_0160
子どもの思考と行動と感情へアプローチして自分らしさを引き出す北杜/茅野サッカースクールを体験する
seal_sticker
★パーソナルトレーニング (自分の感覚と繋がり、短時間で技術が向上します。)header_page-profile



コメントを残す