「人間関係のマトリックス勉強会」


証明IMG_0782


 football life

〜子どもから大人までサッカーが大好きな人の心と体の笑顔に向けて〜

 

「人間関係のマトリックス」では、人の心の状態を大きく4つに分けています。

・イライラしたり、怒る時

・ 自分は前向きだけど、人がついてこない時


・ おどおどしたり、わからなくなってしまう時

・ 人生終わりだと悲惨に感じたり、自分には全く価値がないと思う時

 

その4つの心の状態に振り回されてしまうと疲れてしまいます。

しかし、4つの状態を、波乗りのようにうまく乗りこなせると、とてもエネルギーが上がります。

世の中にエネルギッシュで魅力的な人もいればクタクで疲れ果てている人もいるのはなぜか知りたくありませんか?

 

僕は、この人間関係のマトリックスを子育てやサッカーの時に活用しています。

これを理解すると 僕が子供に対してイライラしたとき、子供はおどおどしたり頭が真っ白になっていることがわかります。

その時に、自分のイライラの原因を子供に伝えても子供は聞けない状態にあることが理解できるようになります。
そして、ここで聴かせようとすることでミスコミュニケーションが生まれます。

そんな時に、自分がどんな在り方でいたら子供に自分の思いが伝わるのか?自分自身にどんな言葉をかけたら子供とわかりあえるのか?

など、相手と自分をわかるツールとして使えるようになります。

 

子育てにおいても、サッカーにおいても自分以外の誰かを変えようとすることは悲惨な結末になることを僕は経験しました(笑)。

マトリックスは相手を見て自分の状態を知り、「自分がどう変わるか」にフォーカスを当てるツールです。

僕もまだまだ勉強中ですがこのコンテンツはとても役に立つと思うので良かったら一緒に勉強しませんか?

 

今回のテーマは「才能」です。

自分が育った中で培ってきた才能と自分のマトリックス上のポジションをミックスさせオリジナルの才能を見つけていきます。

あなたやあなたのお子さんにどんな才能があるか知りたい人はお越しください。

 

僕の培ってきた才能とマトリックッス上の才能のかけ算は「心地よさ✖カラダ」でした。

 

9月28日午前10時〜韮崎で開催します。

申し込み先はコチラから


 

 

サッカーでは、前向きや思い切りがいい人はFWや攻撃的なポジションが適正だったりします。

きっちりかっちりできる人はDFが適正です。

パーソナリティーによって適正のポジションがあったりするんですよ。

自分の持っている才能やパーソナリティーを適正のポジションに当てはめたりするのも面白いと思いました。

今度どっかでやっていようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★パーソナルトレーニング (自分の感覚と繋がり、短時間で技術が向上します。)

 

 

★北杜サッカースクールスクール生募集(山梨県北杜市で行っているサッカースクールです)

 



コメントを残す