「子供の頃に身に着けておきたい3つの要素」


12607136_1015596121832667_205520043_n

 

子供の成長をサッカーからサポートする出張コーチの久保田勲です。

isaoプロフィール

 

 

 

「子供の頃に身に着けておきたい3つの要素」

 

子供の頃に思考と行動と感情という3つの要素を取り入れてトレーニングすると成長がスムーズです。

 

小学生の時は抜群にうまかった子が中学生になると普通の子になってしまう。その原因は思考、感情、行動3つの要素のうちどれかが欠けているからです。

 

 

 

行動とは

・シュートを打つ

・ヘディングをする

・走る

 

これに感覚が入ると

シュートの時に足のどこに当たっているか?

ヘディングの時に目をつぶっているのか?

走る時に呼吸はどうなっているのか?

 

そしてこれに思考が入ると

強いシュートを打つときは脚の力だけでなく上半身も使うのが大事

ヘディングの時は顎を引くのが大事

走るときは体重移動でなく重心移動で走る事が大事

 

というふうになってきます。

 

 

この3つがサッカー現場で発達している場合は、子供の持っているポテンシャルが発揮されます。

しかし、どこかが未発達だと伸び悩む選手になってしまいます。

 

行動が未発達だとチャレンジできない。

感情が未発達だと喜怒哀楽が無い。

思考が未発達だと論理的に考えることができない。

 

思考で止まっている子供もいれば

感覚で止まっている子供もいれば

行動で止まっている子供もいる。

 

 

それぞれに合った問いかけをしてあげるとその子のポテンシャルは発揮されます。




 

 

サッカーを愛して

 

サッカーに傷ついて

 

それでもサッカーが大好きなisaoブログでした。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

 

共感して頂ける方は登録お願いします。

 

 

 

技術を磨くパーソナルトレーニング

 

技術があるとサッカーはより一層楽しくなります

 

サッカーが楽しいと毎日が楽しい。

 

自分の描いたイメージをピッチで表現しよう。

http://isaokubota.net/personal-training

 

 



コメントを残す