心の状態がミスを生む

  • 投稿日:2015年04月10日
  • カテゴリー:Football

IMG_1810

『心の状態がミスを生む』

 

トレーニングでは良いプレーが出来る、けど試合になると上手くいかない。

こんな事ありませんか?

 

トレーニングというのは比較的試合よりも設定が楽なものをおこなう事が多いということもありますが、プレッシャーのあまりないためリラックスしてプレーする事が出来る。

 

しかし、

試合になるとうまくやろう、結果を出そう、アピールしよう、などトレーニングとは違う心の状態になます。

 

この心の変化が焦りをみます。

上手くやれる、結果を出せるというイメージが先行してしまって実際の自分とのギャップが生まれてしまいます。

このギャップが大きければ大きいとミスが増えます。

例えばイメージではゴールをとれると思っているけど実際には目の前に敵がいる状態です。焦っているので状況を把握できていない状態のことです。

 

試合でボールが来るたびに結果を毎回出せる選手は世界どこを見てもいません。

 

メッシやネイマールもダイレクトでパスをします。

試合で結果を出すのはそんなに簡単でないということ、自分がプレーできないときを知っているということです。

 

ボールが来るたびに毎回結果をだそう、アピールするプレーをしようと思っていると当然準備がおろそかになります。

準備がないプレーはミスが生まれます。

 

まず試合で結果を出すためには準備は必要、そしてその準備はボールが来るたびに毎回やれるほど簡単な準備ではないというのを理解する事が大切です。

 

それが理解できると自分がプレーできない時に気づきます。

プレー出来ないときがわかると『出来るとき』が感覚的にわかります。

 

すると結果ついてきます。

 

そんなことをこのトレーニング後に唐揚げ片手にハヤトと話してました。

 



コメントを残す