思考と感情とサッカー


IMG_0156

 

  Football life 

~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

 

元プロサッカー選手の久保田勲です。

現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

 

 

 

『思考と感情とサッカー』

 

レールを惹かれた人生は、退屈に感じる。

人にいわれた通りにやるサッカーは退屈で、窮屈だ。

そして楽しくない。

 

ここがサッカーの難しいところ、

選手から考える頭を奪い、ルールで固めればある程度は結果が出る。

しかし僕は、それに魅力を感じない。

 

選手が自らのアイディアで行動をはじめるには時間がかかる。そして結果が出る保証はない。

ただ僕は、その選手のアイディアで局面を変えるサッカーにワクワクする。

 

 

しかし、サッカーは何も枠のない所で自分のやりたいように、自由にやっていればうまくなるような物ではないと思う。

 

新しい料理を生み出すよりも、料理のレシピを見て創った方がよっぽど早くできるように。

 

 

サッカーは教わったり、見て学んだり、いろんな事を自分に取り込み、自分とミッスクさせる事でうまくなる。

 

教わったり、学んだ事を自分にどう取り込むか?

そのが一番大事。

 

いるもの、いらないもの。

自分の体で感じる事、自分の頭で考える事。

 

何を感じて、どうやって自分の力にしていくのか?

 

この判断が鈍っている選手が多いと感じる、
(僕もまだまだ途中)

 

 

この判断をするために必要なのが、自分を知る事。

そして、自分を表現する事。

 

普段から

自分を表現する事をしていないと、自分がわからなくなってしまう。

 

いつ、何をしたらいいか、

自分で感じられない、考えられない。

 

 

サッカーは、表現のスポーツだと思う。

人それぞれ違う表現を出す事でサッカーは魅力的になると思う。

 

自分を知り、表現する事を忘れないようにしよう。

感じて、表現して。

考えて、行動して。

 

その繰り返し

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました♪

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。



コメントを残す