『本当の意味でのボールを止めて、蹴るという事』


yjimage-1

 

  Football life ~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

 
元プロサッカー選手の久保田勲です。
現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

 

『本当の意味でのボールを止めて、蹴るという事。』

 

素晴らしい選手はボールを止めたり、蹴ったりしない。

走る動作の延長線上にボールを蹴る、止めるが存在する。

 

つまり、動きながらボールを扱える。

 

試合を見ていていい選手だと感じる選手は、ボールと体が一体化している。

だから、ボールを奪われないし、相手から捕まらない。

 

 

 

止まった状態でいくらうまくボールが扱えても、その技術はサッカーの試合では使えない。

野球と違ってサッカーは動きながらボールを扱うスポーツだ。

 

だから必ず技術は、走るという事とセットになってくる。

本物の技術とは、ボールをうまく扱う事ではなく体をうまく扱う事からはじまる。

 

『イニエスタ動画』



 

 

イニエスタのプレーを見て欲しい。

ボールだけを見るてプレーすることはない。

ボールを間接視野で見ながら他の情報も入れている。

 

動きながらボールを扱うという事は、ボールだけを見てプレーできないという事。

 

ボールだけを見ないでサッカーをすること

 

そこから、自分の感覚との会話がはじまっていく。

 

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました♪

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

 

 



コメントを残す