『シュートの時は力を抜く瞬間を作る』


yjimage-4

 

 

Football life ~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

 

元プロサッカー選手の久保田勲です。

現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

 

『シュートの時は力を抜く瞬間を作る』

 

 

ドリブルで相手を抜くときに、足が速いからってずっとトップスピードでしかけても抜けない。

緩急があるから抜ける。

 

走る時も、全身に力が入ってたら速く走れない、抜くところを作るから入れるところができる。

だから早く走れる。

 

 

休む時間があるから本当に大事なところで力を使える。

 

 

強いシュートを打ちたいとき、パワーをつけて力んでも強いシュートは飛んでいかない。

それよりも

体を大きく使い、リラックスと力を入れる瞬間を上手く使う。

 

そうすると強シュートが飛んでいく。

 

パワーよりも、体扱いとパワーを入れたり、抜いたりするタイミングが大事。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

技術を磨くパーソナルトレーニング

技術があるとサッカーはより一層楽しくなります

サッカーが楽しいと毎日が楽しい。

自分の描いたイメージをピッチで表現しよう。

http://isaokubota.net/personal-training



コメントを残す