Football Life 〜相手の視野から消える〜

  • 投稿日:2013年06月12日
  • カテゴリー:Football

FTAの様子 1

今回のFootball lifeは『相手の視野から消える』をテーマにやりました。

4対1のトレーニングをいろいろな設定でやり、その中で相手の視野から消えてボールを受けた場合と

相手の視野の中に入ってボールを受けた場合の感覚の違いを感じれもらいました。

 

相手の視野に入ってボールを受けた場合の感覚は

・調子の悪い時の感じ

・  ボールを持った時になんだか取られてしまうような感じ

・  時間がない感じ

でした。

それは相手からのプレッシャーを早く、強く感じてしまうからだとおもいます。

自分がボールを持っているのに慌ててしまう人、ボールを持つのが怖い人は相手の視野の前でボールを受けているのではないでしょうか。

 

逆に相手の視野から消えた所でボールを受けた時の感覚は

・  調子がいい時の感じ

・  相手が見るとき

・  選べているとき

・  時間があり余裕がある感じ

でした。

相手の視野から消えてプレーをスタートさせるため自分は相手の動きが見える、でも相手はこちらの動きが見えていない。

この時点で相手とはスタートラインが違います。フライングしているような物。

だから主導権を握れるし、時間があるから選ぶ事も出来る。

 

では相手の視野から消えてボールをもらった方がいいのに相手の前でボールを受けてしまうのはなぜか?

 

相手の視野に入ってボールを受けてしまう時、目的はパスを受ける事になっています。

逆に相手の視野から消えたところでボールを受けられるときの目的はゴールを決める事になっていると思います。

 

試合中にボールが持てない選手、すぐボールを取られてしまう選手、ミスを多くしてしまう選手はプレー中の目的意識を確認してみるといいかもしれません。

 

今回のトレーニングで

目的意識がどれだけ大切か改めて気づきがありました。

 




コメントを残す