心を扱う技術

  • 投稿日:2015年05月09日
  • カテゴリー:Football

『心を扱う技術』メンタル編

 

今日も山の中のグランドでトレーニングをしてきました。

東京の国士舘高校と山梨の帝京第三高校、環境の違う二つの高校を見ていて気づいた上手くなる選手の共通点です。

 

『結果に執着しない事』

まぁこれはどこでもおなじかもしれませんが、

結果にこだわらないとチャレンジがいっぱい出来ます、その結果いろんな経験値がたまる。

 

では何にこだわるか?目を向けるか?

というと

自分の変化というプロセスです。

 

ゴールを取る!

という目的のためにプレーするけどその結果には目を向けずに、ゴールを取れなかったとしてもそのなかで自分の変化に気づけるとうまくなっていく、というかイキイキとプレーしています。

 

そのイキイキとサッカーする事が一番上手くなるんですよね。
子供の頃夢中でボールを追っかけていた頃みたいに、あの頃が一番うまくなってたよね、絶対!

 

出来た、出来ないという結果にフォーカスするのではなく自分の変化に気づけると、その変化が楽しく、上手くなります。

そのためにも自分で決めた目的を持ってピッチに立つ事が大事ですね。

 

それにしても山の中のトレーニングは気持ちがいい〜



コメントを残す