『行動をマネるのではなく感じている事をマネしてみよう』

  • 投稿日:2015年08月30日
  • カテゴリー:Football

yjimage-1

元プロサッカー選手の久保田勲です。

現在はサッカーと人間関係をベースに高校生を教えています。

 

『行動をマネるのではなく感じている事をマネしてみよう』

 

良い選手のプレーをマネする、

良いチームの行動をマネする。

 

それが普通だと考えられていますが

 

良い選手の在り方をマネする、良いチームの雰囲気を感じ取ることのほうが

結果につながっていきます。

 

というのは

 

人が行動するときには必ずそこに感情があります、感情が原動力になり行動をおこすから。

 

 

 

人は、

お腹が減ったと感じたからご飯を食べる

寒いと感じたから服を着る

疲れたと感じたから寝る

のですが

 

 

例えば

中村俊輔はめちゃくちゃフリーキックがうまいですよね。

 

きっと小さいころからたくさんボールを蹴ってきたはずです。

それは、フリーキックが上手くなるためにたくさんボールを蹴ろう!と思ったのではなく、

 

ボールを蹴るのが楽しいと感じて、その感覚を突き詰めていったから

たくさんボールを蹴るという行動になったのでしょう。

その結果としてフリーキックが上手くなったのではないでしょうか。

 

感覚というのは身体の感情とも言います。

熱さ、寒さ、痛み、力み、心地良さ、いろんな感覚があります。

 

子どもが夢中になっているのは

考えているときではなく、感じているときなのです。

 

身体の感覚も、感情も、感じていくと人は夢中になる。

つまり、いまに集中しているということです。

そして

夢中になると、あっという間に時間がたってしまい

頭で考えることはありません。

 

ブルースリーの言葉のように「考えるんじゃない、感じるんだ!」ですね(笑)

 

DO(~する)ではなく fell( ~感じる)が大切です。

 

でも、感じよう!と思っても、そうはできません。

 

この秘訣についてはまたの機会に☆

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました♪

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

http://isaokubota.net/mailmagazine



コメントを残す