『ボランチでボールを受ける時に知っておくと良い事』

  • 投稿日:2015年09月24日
  • カテゴリー:Football

IMG_2479

 

 Football life ~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

元プロサッカー選手の久保田勲です。
現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

 

 

『ボランチでボールを受ける時に知っておくと良い事』

 

2つ

・ボールから目を離す時間をつくること

・目的意識を明確にすること

 

この二つがボランチでボールを受ける時に大切な要素です。

 

ボールから目を離す時間を多く作る』について

 

正確には、間接視野でボールコントロールをするということです。

(間接視野とはボールに100%意識を持っていくのではなく、何となくボールのある辺りをみる感じの事をいいます。)

ボランチは360°いろんな所から敵が来る可能性があります、そのため出来るだけ周囲の状況を把握する事が大切です。

 

しかし、ここで問題になってくるのがボールコントロールです。

ボールに意識がいけば周りは見えない、周りを意識すればボールが見えない状況になります。

つまり、間接視野でボールを扱うとボールがうまくコントロールできない、という状況になります。

この部分のトレーニングしていくと、ボールを見ないでも扱えるようになっていきます。

(間接視野でボールを扱うトレーニングはパーソナルトレーニングまで)

サッカーでは、ボール以外を見る時間を作り出せると、とても自由にプレーできるようになります。

 

 

『目的意識について』はまた今度〜

 



コメントを残す