『キックは体の傾きと、腕をうまく使うって調節する。』


ccbbc139

 

  Football life ~ サッカーと人間関係からわかる自分の秘密 ~ 

元プロサッカー選手の久保田勲です。

現在はサッカーと人間関係をベースに東京の国士舘高校、山梨の帝京第三高校の高校生を教えています。

 

『キックは体の傾きと、腕をうまく使うって調節する。』

 

パスやシュートの時に

ボールをどのくらい飛ばすか?

ボールにどのくらいの勢いをつけたいか?

は体の傾きぐあいと腕の振りぐあいを調節してボールをコントロールするとイメージ通りにいきます。

 



 

映像を見てもらえばわかると思いますが、

足の力で調節したボールは、自分の意志とは違った軌道で違った場所へ飛んでいきます。

 

体の傾き具合や、腕の振りぐあいで調節していくと、イメージと実際にボールが飛んでいく軌道や場所がコントロールできます。

それは、いつも同じフォームで蹴れるからです。

 

力で蹴るキックは、体に力みが生まれるためうまく体を動かせないので毎回毎回違うフォームでボールを蹴る事になり、調節が難しくなります。

 

 

他にも、頭や足の裏に意識を持っていくとうまく蹴れたりします。

一流選手は力でもボールを飛ばそうとはぜず、必ず体全体を使ってボールを蹴っています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ccN-QaIajcU

 

 

よかったら、試してみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました♪

メルマガではもう少しマニアックな事まで書いています。

共感して頂ける方は登録お願いします。

 



コメントを残す